img_02

TOP > 植毛におけるピットスカーについて

植毛におけるピットスカーについて

植毛をすることでピットスカーができるという真相は本当なのか気になるところですが、そもそもピットスカーとはどんなものなのであるかご存知でしょうか。

ピットスカーとは、頭皮にできる傷跡のことでありまるでアイスピックで刺したかのようなクレーター状の傷口ができることからその名前で呼ばれています。

自毛植毛サイトが一番おすすめです。

頭皮にピットスカーができてしまうことによって発毛は妨げられてしまうために、まずはピットスカーとなっている傷跡を治す必要が出てきます。

では、植毛手術を受けると必ずピットスカーができてしまうのでしょうか。



実は、一口に植毛といっても大きく分けて2通りの方法があり、一つは自分の髪の毛を移植する自毛植毛と、もう一つは化学合成繊維できた人工毛を利用して移植するやり方で、ピットスカーができてしまうのは人工毛を使用した方法です。自分の髪の毛を利用して移植を行う場合、もともと自分の細胞であったものを移植するために拒否反応がほとんどないのですが、人口毛を使用して行う場合は異物を埋め込むことと同じなので拒絶反応を起こして移植を行った部位にへこみができてしまいます。

もちろん、体質や植え込みする量、あるいはヘアラインの高さなどによって自毛植毛の場合でもピットスカーができてしまう可能性もありますが、人工網で行う移植に比べるとピットスカーができるリスクは少ないと言えますので、もし手術を検討している場合には自毛による移植を受けることをお勧めします。